MBCのPR戦略フロー11: PULLから「PULL+PUSH型PR」へ

近年では企業が商品・サービスにかけることができるプロモーション期間が極端に少なくなってきています。それは日本人全体が益々「画一化」した消費行動をみせるようになっているからです。



※クリックで拡大


消費行動が「画一化」していると言うことに異を唱える人が多いかもしれません。むしろ、日本人の消費は「多様化」の時代であって、趣味嗜好は個々人によって随分と異なる現象が起きてきたため、マーケティングの世界もこれまでのようなマス対象ではなく個人個人の消費動向を見極めなければならない・・・というのが一般的な意見でしょう。しかしそれは物事を1面でしか見ていない考え方です。


21世紀を迎えた日本では商品やサービスのライフサイクルが年々短くなっており、次から次へと新しい商品や流行が出ては消えるという現象を繰り返しています。ふと立ち止まって考えてみると、ある一定のスパンでは多様性のある消費行動をしているかのように思えるのですが、よく目をこらしてリサーチしてみると、ある時点では画一化した消費行動しかしていない。つまり、みんなが同じ商品・サービスに群がり、そして、あっという間にみんなに飽きられてしまうと言うことを短期間に何度も繰り返しています。


世の中のこういった画一的短期的な動きに反応・先頭となって主導していくのがマスメディアです。マスメディアの取材動向が一気に日本社会全体に波及し、強烈な消費経済を生み出すのが日本のダイナミズムとなっているのは、ある面では明らかな事実でしょう。


そうなると、これまでのような「そのうちマスコミが来てくれたらいいな」「プレスリリースがマスコミにヒットしたらいいな」といったように悠長に構えている企業(PULL型PRを主導にする企業)は、自らPR会社を伴い積極的にマスメディアにリーチ、記事・番組化の交渉をすることを行っている企業(PULL型PRに加えてPUSH型PRを主導にする企業)からは大きな差を開けられてしまいます。


既に述べたように、商品・サービスのライフサイクル短縮化によって、企業に許されたプロモーション可能期間は年々短くなっていく一方なのですから、そのチャンスを逃すと次はない・・・これは当たり前の事実となっており、現にセブンイレブン経営者・鈴木敏文氏も、このことはかなり以前から喝破しておられます。セブンイレブン店舗では、取扱商品のうち7割が、たった1年間で棚から消えていってしまうことで有名です。そしてその割合はどんどん増えているそうです。これは日本の消費市場における商品・サービスのライフサイクルが短縮化されてしまっていることを、如実に表しているでしょう。



PR会社MBCがご提供するテレビPRに強いクロスメディア型総合PR支援メニュー!「トータルPRサービス」

注目のサービス → 総合PR支援『トータルPRサービス』の詳細を見てみる

活動費が要らない!成果報酬ベースのお試しテレビPR!「お試しテレビパブリシティ3ヶ月集中支援サービス」

注目のサービス → 『お試しテレビパブリシティ3ヶ月集中支援サービス』の詳細を見てみる

-------------------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------------------

このエントリーをはてなブックマークに追加
share on Tumblr Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

PR by Google

◆【マスコミリスト付き!】ご自身でテレビPR技術を学ぶ方法があります


まずはお試しとして…御社のメディアPR戦略ノウハウを自身で学習してみませんか?



◆大手マスメディアサイトのディレクトリに直接登録が可能になりました


大手マスメディアサイトのディレクトリに直接登録が可能になりました



◆お電話又はFAXでのお問い合わせ


お電話・FAXによるPR会社MBCへのお問合せ/ご質問はこちら

早期対応が必要な緊急のご連絡は、出来るだけお電話をご利用していただけますようお願いいたします。



◆メールフォームでのお問い合わせ


PR会社MBCへのお問合せ/ご質問メールフォームはこちら

メールフォーム利用時は、こちら記載のプライバシーポリシー内容にご了承の上で送信お願いいたします。